ブログ

デカフェコーヒー豆を使った珈琲焼酎を作ってみた

2020.07.22 スタッフブログ

コーヒー+焼酎で珈琲焼酎!作り方のご紹介

 

私の至極の時間は、珈琲とスイーツが有ればそれだけで・・と言いたいところですが、実は酒と肴が有ればそれだけで・・と甘辛どちらも気になります。

先日雑誌を読んでいたら、こんな欲張りな私にピッタリなものを見つけました。
それは、珈琲焼酎です。

 

コーヒーとウィスキーを合わせた「アイリッシュコーヒー」というカクテルが有るのは知っていましたが、焼酎との組み合わせは抜けてました。

コーヒーと焼酎を用意し、早速作ることにしました。

レシピを見てみると焼酎の種類と相性の良い焙煎豆や、焼酎との配合割合が紹介されており、焼酎100ミリリットルに対して焙煎豆10gを3-10日間漬込むが、標準的だそうです。

 

<レシピ1>

~用意するもの~
・焙煎豆は、DECACOコロンビア豆
・焼酎は、甲類 米焼酎 (芋はクセが有りそうなので)
※甲類焼酎は糖蜜やトウモロコシなどを連続蒸留機で蒸留した原酒に加水して造ってあるので、クセがなく飲みやすいようです。
~作り方~
焼酎100ミリリットルに対して焙煎豆10gを3-10日間漬込む

ただ、出来上がるのに数日かかるので、少しでも早く飲みたい衝動に駆られて、時短レシピも試してみることにしました。

<レシピ2>

・焙煎豆の代わりに使ったのは、今夏新商品のDECACO水出し20gバッグ
この商品は、コロンビア豆とブラジル豆がブレンドされたものなので、レシピ1と味の比較は出来ないかも・・

でも安心!DECACOコロンビア粉をお茶パックに詰めれば可能(次回試してみます)

・焼酎は、甲類 米焼酎 (レシピ1と同じ)
・容器は透明の急須。冷酒ならぬ冷珈琲焼酎を愉しむための小道具としてこちらを使用してみます。

 

レシピ1、2とも冷蔵庫に保管します。
初めての試みなので、ワクワク感一杯です!!

味の確認をしすぎて出来上がったころには半分以下…とならないように気をつけます笑

 

また出来上がったら報告します。
お楽しみに~